スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | ブログTOPへ戻る
ライブ終了!
今日はライブでした。
来てくれたみなさまありがとうございました。
セットは以下のとおり。

1、新曲
2、just cool
3、新曲
4、新曲
5、mere theory
6、cosmo
7、ninja
8、新曲
9、fun

新曲たちに名前をつけてあげなければ・・・。

いろいろ課題が見えたライブでした。
次回のライブではもっといいライブをしたいと思います。


【次回ライブ】

2009.7.19(sun)
「Beat Happening!VOL.190」
at BASEMENT BAR
open:18:00 start:18:30
adv:¥2,000 door:¥2,300(+1ドリンク)

プリングミン
あすなろう
サジカゲン
Yucca
PaperBagLunchbox

BASEMENT BAR 03-5481-6366
http://www.toos.co.jp/basementbar  

Beat Happening!は高校生以下のお客さまに限り
500円をディスカウントします。


ゆうさく
| 00:57 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
清志郎告別式


清志郎の告別式に行ってきました。

高校時代にソロアルバムの「Memphis」を有明の梶尾の家で聴いてそれから清志郎の曲を聴きまくりました。
RCサクセションをはじめ2・3's、タイマーズ、HISなど清志郎の関わってるものはとにかくなんでも。
当時お金もないのに清志郎のCD、ビデオ、本、ギターのスコアブックなど買いまくってて本当にはまってました。
清志郎のドラマをビデオにとったり、清志郎がでてる雑誌を買ったり。
当時作ってた曲も完全に影響されてたし。
好きだったんだな。
純粋に「清志郎のファン」だったんだな。
と思います。

今は別の音楽も聴くし、熱狂的なファンではなくなっているけれども、
今日はありがとうをいいに行かずにはにはおれませんでした。

たくさんの人が来てました。4万人らしいです。
3時間ほどならんだんですが、ずっと葬儀場では清志郎の曲が大音量でかかってました。
献花台のところで笑顔の清志郎の写真を見たときはかなりきてしまいました。

なにか原点に帰った気持ちになりました。
清志郎が本で「曲は寝ずに作れ。」みたいなことを言っていて、昔はそれを実践してたなーとか思ったり。

とにかく一度も会ったこともないけれど忌野清志郎という人は自分にとって大きな存在なのです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ゆうさく


続きを読む >>
| 00:04 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
ZOMBIE FOREVER PRESENTS 私の東京
とうとう明日になりました。
5人でやります。
 
●4月26日(日)三軒茶屋grapefruit moon

ZOMBIE FOREVER PRESENTS
私の東京

開場 17:45 開演 18:00

前売 ¥1,800(+1DRINK) 当日 ¥2.000(+1DRINK)

ZOMBIE BOOK vol.5 先着無料配布

openig act
tera(from circe)

Qurage(yamagata)
Yucca
グーミ
キスミワコ

Yuccaは19:50からです。


そうぞよろしくです。


榎本勇作
| 23:32 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
オリンピック関係なし
今日は休みだというのにあまりいい日ではなかったです。
品田に怒られたりとか。(俺が悪いのだけど。)
通り雨に降られたりとか。
スタジオいまいちだったり。

こういう日はやるべきことをちょっとでも進めてちょっとでもすっきりしたほうがいいということで家で作業してました。
ということでカワナの引越しパーチーにも出席できず。(すまん。)

オリンピックは・・・。

オグシオをチラ見しただけです。

今日は以上です。


えのもと
| 01:03 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
Brand New 対談 / CLOSER会議 (欠席)
『brand new colony』の企画の一環である対談シリーズをアップした。

『Brand New 対談 その2』  Yucca榎本×conchill柴田

どうやって『CLOSER』との差異をつけようかって話してるんだけど、こうやってゲストバンドと深く話したりしてることがちょっとした色なんじゃないかとテープ起こしながら思いました。

イベント当日だけよければいいんじゃなく、イベントまで、イベント終わった後まで楽しめるようにできたらいいんじゃないかと。

--------------------------------------------------------------------------------

今日はCLOSERスカイプ会議があったんですけども、
会議を招集しておきながら仕事で参加できませんでした。

みんなすまぬ。
ログはチェックしたよ。

後ろめたかったので今アー写だとかプロフテキストをまとめたりしてます。
これだけバンドがいるともはや一人の力では限界が。
ディレクターとかデザイナーとかライターとかいたらなーと思うけども。


enomoto




| 02:36 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
本日のYuccaユウサク
今日は昨日録った柴田君との対談のテープ起こしをして、
洗濯して、
乾燥機かけてる間に近所の品田家で『CLOSER vol.3』のジャケット問題や費用の件を相談。

その後Yuccaのスタジオ。
イベント『brand new colony』のCM曲を完成を作り、
まったり系の曲を作り、
仮アー写の撮影をはさみ、
新曲『バービーボーイズ(仮)』に取り掛かる。
ちょっと歌を入れた。
歌を入れ始めたら完成まではすぐのはず。
その後思いっきり80年代の曲を遊びで作ってみた。
スタジオ終わりにビール飲んで帰宅。

テープお越しの続きをやらなくてはいけないのだが、
す、睡魔が・・・。


榎本
| 00:23 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
conchill柴田君と語る / 巨星堕つ
今日はconchill柴田君と大いに語らった。
彼ほどストイックにインディーでがんばっている人はいないと思い、かなり勉強になりました。

Yuccaのメンバーともいろいろ話して、
まあなんというかいろいろやることはあるけども、
まずは明日のスタジオをよいものにしなくてはと思ったしだいです。


赤塚不二夫が亡くなったのはかなりの衝撃でした。
完全に唯一無二の漫画家だったと思います。
ナンセンスギャグというものを初めて感じたのが赤塚漫画でした。
ご冥福をお祈りするしだいです。



榎本
| 03:14 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
『CLOSER vol.3』特設サイトオープン
しました!

http://www.closer-sound.com/vol_3/

が、情報がまるで足りません!

CLOSER関係者で素材を提出してない方は早く提出してください!
と、この場を借りて。

もう8月だというのに。


榎本
| 22:09 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
浜田省吾と佐野元春
某ライブハウスの某MNT氏の浜省のカバーをやることになった・・・。
あんまり詳しく書いてはいけない気がしてるのだけど、
ある企画があって、80年代がテーマなんだけども、それの第一弾にYuccaはブルーススプリングスティーンの『Born to Run(明日なき暴走)』で参加した。
で、その第二弾ということで浜省の『終わりなき疾走』をやることに・・・。

ブルーススプリングスティーンつながりということであれば佐野元春の『アンジェリーナ』のほうがよかったよ。

今月末締め切りだと思って超あせってたら来月末だった。

えのもと
| 21:19 | comments(0) | ブログTOPへ戻る
『Brand New Colony Vol.3』  と 『CLOSER vol.3』
9月のYuccaはお祭り騒ぎです。

9/13 (sat)にApril showers bring May flowerと共同で『Brand New Colony Vol.3』というイベントをやります。
これはいかに自分たちの好きなイベントにできるかというところに重きを置いています。
割とわがままが通じる感じです。
いろいろチャレンジしたい感じです。

http://www.myspace.com/brandnewcolony08

そして、『CLOSER vol.3』ですが9月頃(?)から無料CDを配布し、
9月27日法政大学
11月1日大須ell.SIZE
11月29日難波ロケッツ
でライブをどーんとやります。
これはインディーバンド自身の手でムーブメントが起こせるかというチャレンジというか戦いというか実験というか勉強?
んー、試練です。
でも今回は学生の方の協力もありまた違う感じでもあります。


http://closer-sound.com


今日はcryvシンゴさんとスカイプでいろいろ話しました。
そしたら地震があった!

以上です。


Yucca榎本勇作(G)
| 01:07 | comments(2) | ブログTOPへ戻る


2003年結成。USインディーロックやポストロックに影響を受けつつもポップであることにこだわりを持ったサウンドを展開。時に男女ボーカルの空気感のある歌はひかえめながら強い意志を放ち、印象的なフレーズや心地よく繰り返されるループによって様々なシチュエーションや風景を表現している。カナダのi am robot and proudジャパンツアーでの共演も話題を呼んだ。これまでにアルバム2枚をリリース。

Official Site


Blog Link








CD情報
CLOSER VOL.2
LINK


ARCHIVES
CATEGORIES

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加